自己PRでバスケットボールの経験をアピール!企業にささるポイントと例文をご紹介!!

学生

大学ではバスケットボールに明け暮れてきた。就活の自己PRでバスケットボールの経験を活かしてアピールしよう!!

でも就活でバスケットボールの経験をどううまく伝えればいいか、あまりイメージがない。

本記事では、上記のようなお悩みにお答えします。

バスケットボールは非常に体力を要するスポーツで練習ではストイックさが求められますし試合では目まぐるしく変わる状況に素早く対応するための判断力、また高度なチームプレーが要求されます。

個人でもチームでも成果が求められるビジネスにおいてはバスケットボールで培ったマインドや経験は必ず役に立ちます

しかしながら自己 PR でバスケットボールに取り組んできましたというだけでは当然内定を勝ち取ることは難しいです

バスケットボールの経験から何を身につけ何を学んだのかをあなたの強みと結びつけて話す必要がありますしバスケットボールというトピックだからこそ流しなければいけない点もあります。

今回の記事においてはあなたの強みとしてバスケットボールの経験をレバレッジしながら面接官にアピールするための方法や留意点を例文を含めて説明していきます

自己PRでバスケットボールの経験は評価される

バスケットボールの経験は、強みと結び付けて適切にアピールして面接で伝えることで必ずや高く評価されます。

体力が求められる中で、日々の厳しい練習を耐え抜くストイックさ、試合での対応力、チームプレーが必要とされる中での協調性の強さなど・・・

バスケットボールの経験はビジネスでも生きてきます。

しかし自己PRでは、自身のアピールしたいことのみを話しても企業の面接官に響かせることはできません。面接官が求めている内容を話す必要があります。

まずは面接官が見ている自己PRのポイントをおさえて、的確なアピールをできるようにしましょう。

自己PRの評価基準を知ろう


(出典:リクルートキャリア)

面接官が見ているポイントと学生がアピールしているポイント。

ここにどれだけの差があるのかを上記の図は表しています。

面接官が見ているポイントは、

  1. 人柄
  2. 自社/その企業への熱意
  3. 今後の可能性

を中心に選考をしているのに対して、

学生がアピールするポイントは、

  1. 人柄
  2. アルバイト経験
  3. 部活・サークル経験

とアピールしている点が面接官が求める点と大きくズレていることがわかります。

面接官は「あなたがどんな経験をしてきたか」よりも「どんな人なのか」「どんな思考性があるのか」などを聞きたいのです。

経験は、あくまでもあなたの人柄を体現する要素にすぎません。自己PRでは、バスケットボールの経験に基づいてあなたがどんな人間なのかを効果的に伝える必要があります。

相手の聞きたい内容を話すように。この点を意識した上でバスケットボールの経験を使った自己PRを作成しましょう。

自己PRでアピールすべきバスケットボールの経験から考えられる強み

それでは、自己PRでバスケットボールの経験を話すにあたって、どのような点をアピールすべきなのでしょうか。

それは以下の3点です。

陸上のアピールポイント
  1. つらいことをやり抜くストイックさ
  2. 協調性・チームプレー
  3. 変化に対応する力・判断力

この3つを伝えることができれば、良いアピールにつながります。順番に説明していきましょう。

①つらいことをやり抜くストイックさ

バスケットボールは試合時間40分の中でほぼ全力で走り続けなければいけないストイックなスポーツです。

試合でパフォーマンスを出すためにはそのために体力をつける必要がありますが毎日のストイックな練習が必須です。

さらにハンドリングやシュートの精度、チームでの連携など細かなスキルが要求とされるためひたすら反復練習が必要なスポーツでもあります。

バスケットボールはこのようにとにかくコツコツ努力の積み上げが必要な スポーツでありビジネスの世界とも共通しています。

ビジネスで高いパフォーマンスを実現するためには日々の積み重ねや努力が必須になります。成果は簡単に出せるものではなく積み重ねていくことで徐々に力を蓄えることができます。

この点をうまくアピールすることができれば良い自己 PR になることは間違いありません。

②協調性・チームプレー

バスケットボールは君津かつ精密なチームメンバー間の連携が非常に重要なスポーツです。

その時々のチームメンバーの位置や、試合の状況を常に把握しながら阿吽の呼吸で連携しながらゴールを重ねていく必要があります。

ビジネスにおいてはチームプレーあるいは協調性をもって仕事を進めていくことが成功のためには大前提になります。

一人の力はたかが知れており、大きな成果を生み出していくためにはチームあるいは組織で協力していかなければなりません。

バスケットボールにおいては特に状況の変化に応じてチームで最適な連携プレーをすることが求められますので、アピールしていくと良いです。

③変化に対応する力・判断力

バスケットボールは目まぐるしく変わる試合の状況やチームメンバーの調子、相手のメンバーの特徴を踏まえながら瞬時に戦術を考える必要があります。

またそういった変わる状況の中で常に複数の選択の中から、即時に最適なひとつの選択を実行してプレイに移す必要があります。

こうした刻々と変わる状況の中で判断をして実行していくという力はビジネスでもそのまま役に立つものです。

昨今のビジネストレンドは移り変わりが非常に早く、変化に適応できない企業はやがて淘汰されてしまいます。

また日々の会議や商談においても、その場その場で頭を回転させ、即座に的確に判断する力は企業から重宝されます。

バスケットボールの試合はその縮図とも言えますので、この点はうまく自己 PR に折り込みたいところです。

自己PRでバスケットボールの経験で培った強みをまとめるフレームワーク

自己PRでバスケットボールの経験を上手く活用するためには、上記のようなフレームワークを利用すると良いです。

文章はすぐに書き始めるのではなく、各フレームごとに箇条書きで。思いつくことを全て書き出し、経験の深堀りから始めましょう。

あとは書き出した文章を繋げてまとめるだけです。

上記のフレームを使えば、誰でも簡単に自己PRをまとめることができます。

詳細に関しては以下の記事をご参考ください。

自己PRが見つからないあなたへ。見つけ方からまとめ方まで教えます。

12月 16, 2019

自己PRでバスケットボールの経験を題材にした例文をご紹介

バスケットボールでどのような自己PRが効果的か、と言う点を解説してきましたが、ここでは実際にラグビーの経験を活かした自己PRの例文を紹介します。

①つらいことをやり抜くストイックさ

私の強みは大学生まで続けたバスケットボールで培ったストイックさです。

私のポジションはポイントガードだったのですが、試合においてはコート上を縦横無尽に走り続ける必要がありました。

そのために、チームの誰よりも普段から体力をつけるために走りこむ事を怠らず、また人一倍フットワークの練習も積み重ねてきました。

試合で動き続けるための走り込みやフットワークなどの練習は非常につらい面もありましたが自分のパフォーマンスを高めるために必要なものだと考え、毎日欠かさず取り込みました。

この自分のストイックさは、社会に出て御社で働く上でも役に立つものだと思っています。

もし御社で働かせていただくことになった際には、自分のスキルとして何が必要なのかというのをしっかりと把握した上で、ストイックにパフォーマンスを高めるための努力を怠らず継続していく所存です。

②協調性・チームプレー

私の強みは大学生まで続けたバスケットボールで培った協調性です。

バスケットボールというスポーツはチームでの緊密かつ精密な連携が求められるスポーツです。

オフェンスにおいてもディフェンスにおいても、チームのメンバーと日々の練習で養った阿吽の呼吸が必要になってきます。

ですので私はバスケットボールでの活動を通じて常にチームで協調をしながら物事を進めていくことの大事さを身につけております。

ビジネスの世界においてもチームや周囲で協力をしながら仕事を進めていくということが非常に大事だと理解しています。

組織での成果を最大化するため私のこの協調性を活かして御社に貢献して参る所存です。

③変化に対応する力・判断力

私の強みは大学生まで続けたバスケットボールで培った変化に対応する力・判断力です。

バスケットボールにおいてはその時々の状況に応じて戦術を一瞬で描き即座に実行する力が求められます。

私はバスケットボールでポイントカードというポジションを任され、常に試合の状況やチームメンバーの調子を見ながら、目まぐるしく変わる状況に応じて最適な戦術を選択し、指示を出してフロアリーダーとしてプレイしてきました。

ビジネスにおいても日々の商談や会議においてその場その場で適切な判断および反応をする人があると思っています。

バスケットボールで培った判断力を生かして御社の事業に貢献していきたいと思っています。

バスケットボールと就活の両立へ。プロの面談であなたに合った企業を!!

▼公式サイト▼

【アスリートエージェント】

「バスケットボールの経験を活かした自己PRがまとまらない」

「部活を続けてきたけど自分の強みがわからない」

こんな方はアスリートエージェントを利用して悩みを解決していきましょう。

アスリートエージェントは、アスリート・体育会系の部活生に特化した就活支援サービスを展開しております。

元アスリートのプロの就活アドバイザーが面談を通して、あなたの部活で培った強みを引き出す方法を伝授。自己PRの作成から面接対策まで、就活に関するあらゆる支援を受けることができます。

就活生のサービス利用は全て無料なので、ぜひ一度チェックしてみましょう。

▼登録はこちらから▼

【アスリートエージェント】

バスケットボール部・アスリートの方も必見!就活におすすめのエージェント10選

アスリートの方も含めて、就活生のほとんどは、求人サイト(マイナビ・リクナビなど)のみを利用し情報を収集します。

しかしながら就活は情報戦であり、求人サイトのみでは不足です。情報をより多く取得した方が内定に近づきます。

そこで非常に役立つのが就活エージェントサービスです。

就活エージェントは、就活の悩みを共に解決に導いてくれる、メンターとしての役割を担ってくれます。

下記の記事では、そんな就活エージェントについてご紹介しています。宜しければぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です