【大手人事に聞いた】ESで人事がチェックするポイントと学生が取るべき対策とは⁉︎

学生

ESで人事はどんなポイントを見ているの?どんな対策をすればいい?

大手採用人事

今回は、従業員数10万人を超える企業で新卒採用をしております「K」が答えます。

就職活動を進めるにあたって、希望の企業に就職するためには多くの選考を乗り越えなければなりません。

その中でも、最初の関門ともいえるのはES・SPI(Webテストなど)などの書類選考を通過できるか否かということです。

ESは企業の採用面接に進めるかどうかを左右する、とても重要な書類です。どのようにESを書けば書類選考を通過できるのか、という疑問を抱いている就活生も多いでしょう。

今回はそのような就活生の疑問に対して、実際に大企業で採用担当を務める人事が、ESで人事がチェックするポイントと学生が取るべき対策について解説していきます。

目次【本記事の内容】

ESで人事がチェックするポイントと学生が取るべき対策とは?

ここでは企業の人事がESをチェックする際に見ているポイントを解説していきます。

また、ESと同時に受験することが多いSPIのチェックするポイントについても紹介していきます。

志望動機

ESで必ず聞かれるといっても過言ではない項目が志望動機です。

この志望動機において人事がチェックするのは、

  • 単なる動機になっていないか
  • 目的が社会貢献になっていないか
  • 使い回しの表現でないか

の上記3つになります。

志望動機を聞かれた際にその企業を志望する“きっかけ”を書く人が多いですが、人事が知りたいのは“きっかけ”ではなく“目的”です。

自分自身が成し遂げたい目標・目的があり、それを達成するための手段として企業に入社するという考え方が重要で、手段としてその企業を選んだ理由を述べるのが志望動機になります。

また、その企業の社会貢献性と自身のボランティア経験を絡めて「貴社で社会貢献をしていきたい」とアピールする学生は多いですが、企業で働く第一目的が社会貢献となるのはNGです。

営利企業であれば、ビジネスで利益を確保しなければなりません。

そのため、社会貢献を目的に働いているのではなく、利益を追求する過程や結果として社会に貢献しているという視点は大切です。

社会貢献が第一目的になっていれば、その時点でそのESは読まれなくなります。

さらに、ESをチェックしていて多いのが、ほとんどの人が似た文書構成になっているという点。

人事は毎年、何千・何万枚もESを見ているので、ネットからコピーした構成になっていることはすぐにわかります。

オリジナリティがない志望動機は、それだけで「そんなに志望度は高くない」と判断されます。

学生時代に力を入れたこと

志望動機と並んでよく聞かれる項目のといえば、学生時代に力を入れたこと(通称:ガクチカ)です。

ここで人事がチェックするポイントは、

  • 取組んだプロセス
  • そこから読み取れる特性

の2つになります。

多くの学生は学生時代に力を入れたことを書くときに、取組んだことや実績のすごさをアピールしていますが、重要なことは実績のすごさではありません

本当に知りたいのはその実績をあげるまでのプロセスであり、そこで学生自身が考えた工夫点(オリジナリティ)です。

その取組んだプロセスや工夫点を見た上で、そこから考えられる学生自身の特性を読み取り、自社の求める行動特性を持った学生なのか判断します。

その他

上記2つほどではありませんが、その他ESをチェックする際に人事が見ている点は次の通りです。

  • 誤字脱字はないか
  • 主語述語の関係はおかしくないか
  • わかりやすい表現か
    (手書きの場合)丁寧に書いているか
    (手書きの場合)文字の大きさは適切か

必ず提出前には上記に当てはまらないか確認しておきましょう。

SPIは重要なの?

ESを提出するのと同時にSPI(Webテスト)を受けさせる企業も多くあります。このSPIはどこまで重要なのか気になる人も多いのではないでしょうか。

SPIは大きく分けて「能力診断」「性格診断」の構成となっており、その扱いについては企業によって異なります。

能力診断というのは言語能力と非言語能力を図りますが、能力診断は大勢の応募者を足切りする際に活用します。SPIの能力診断は対策本も多く売られているので、得点が高いからといって賢いとならないので、足切りに使われることが多いです。

一方で性格診断は多面的な質問から、その学生の様々な特性を把握することが可能なのでESをチェックする際に性格診断も合わせて確認する企業は多いです。

(補足)リクルーター制企業はESをどう扱っている?

企業の採用選考は一般的にエントリー(ES・SPI)→1次面接→2次面接→最終面接と進みますが、中にはリクルーター制を採用している企業があります。

そういった企業はESをどのように扱っているか紹介しておきます。

企業がリクルーター制を採用しているのは、企業側と学生側のミスマッチの回避が一番の狙いとなります。

それゆえに、リクルーターが丁寧に学生に対して仕事の内容や働き甲斐を伝えるのと同時に、面談を通して学生のことを深く理解するために面談が行われます。

リクルーター制を採用している企業はESやSPIだけで学生を落とすことは少なく、極力多くの学生と1度は対面で合うようにする方針があります。(雑なエントリーシートや真面目にやっていないSPI結果であれば別ですが)

そのため、リクルーター制を採用している企業の人事は学生のESとSPIの性格診断をチェックした上で、その学生のポイントをリクルーターに共有をします。

そして、リクルーター社員はその情報を予め頭に入れて学生との面談に臨み、性格診断で出ている特性などが実際合っているのかをチェックしていきます。

リクルーター制を採用している企業にとってESやSPIは、それ自体で合否を決めるというよりかはリクルーター面談時の補助的資料として扱われます。

ES作成時に学生が押さえるべきポイント

最後に学生がES作成時に押さえるべきポイントを紹介します。ネット検索すればESの書き方は色々と出てくると思いますが、私が実際に毎年多くのESを見ていて思うことなので、参考になると思います。

ESで人事がチェックするポイントと対策まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は受かるESの特徴を人事目線でチェックするポイント視点でお伝えしました。

志望企業の選考を受けられるかどうかどうかは、ESの出来が大きく左右するといっても過言ではありません。

就活生はしっかりと準備と対策をし、企業の人事に“読まれるES”を書いていきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です