大手人事が教える自己分析のやり方【初心者向け】

学生

自己分析のやり方がわからない・・・

大手採用人事

今回は、従業員数10万人を超える企業で新卒採用をしております「K」が答えます。

就活を始める際、「自己分析はどうやってやるの?」「業界研究って何を調べたらいいの?」「SPI・面接対策しなきゃ」などとあれこれ頭を悩ます人は多いでしょう。

特に自己分析次第では就活の結果が大きく左右することから、自己分析は就活を始めるにあたって就活生の基礎・土台となる重要なものです。

今回はこれから就活を始める人のために、企業の人事目線でおすすめの自己分析のやり方を解説していきます。

目次【本記事の内容】

自己分析の目的を理解しよう

自己分析のやり方を解説する前に、そもそもの自己分析がなぜ重要なのか、その目的を理解しましょう。

企業や仕事選びの軸を明確にするため

自己分析をする最大の目的は企業や仕事選びの軸を明確にするためです。自分に合った企業や仕事を見つけるためには、「自分の価値観」「大切にしていること」(=軸)を知ることが重要になります。

ここで注意したいことは、就活生が知るべき軸は2つあるということです。

1つ目は、どういう企業や業界に行きたいかを考えるために「企業や業界選びの軸」で、 “給料が高い”“海外展開”“福利厚生が充実”などが該当します。

2つ目は最終的に就職先を決める「決断軸」で、“何を大切にして働きたいか”“自分がこれからどう生きていきたいか”を考え、実現できる企業に決断するための軸です。

2つとも大事な軸ですが、実は多くの就活生は「企業や業界選びの軸」しか考えていないケースが多く、1社に決断するタイミングは全ての企業の選考を終えた後に考えているのが現実です。

よく内定を獲得した後に不安になる人が多くいますが、これは自分の決断軸を持っていないために、その企業に入社すべきかわからなくなることが原因です。

こういった事態に陥らないためにも自己分析を行い、2つの軸を整理することは重要になってきます。

選考の場で自分の魅力をうまく伝えるため

自己分析を行う2つ目の目的は、選考の場で自分の魅力をうまく伝えるためです。自己分析を行えば、過去を振り返ることになります。

過去の成功体験や挫折経験、高いモチベーションを発揮して取り組めたことなど様々なことを整理することができ、そこからわかる自らの「強みと弱み」「価値観」「大切にしていること」を理解することができます。

自身のことを理解できている就活生と、そうでない就活生とでは選考の場での受け答えの質が全く異なってくるため、自己分析をすることは希望する企業の内定を獲得するためにはとても重要です。

【就活生必見】自己分析スタート講座!モチベーショングラフを活用しよう!

4月 25, 2020

これで完璧!自己分析のやり方を紹介

自己分析といっても様々なやり方が存在しますが、ここでは“就活生に実践してほしい”自己分析のやり方を紹介します。

step1)過去の取組みを振り返る(事実整理)

自己分析を始めるにあたって、初めにやるべきことは過去の取組みを振り返ることです。最初に考えやすい内容は“過去に一番頑張った取組み”を振り返ることでしょう。

一番頑張った取組みにフォーカスを当て、事実整理をしながら下記の例のように情報を網羅的にまとめます。

例)
一番頑張った取組み:大学時代の部活
注力したこと:全国大会出場に向けた練習の質的向上
課題:チームの連携力が足りない
取組んだ期間:大学1回~4回
人数:60名

step2)取組みを深掘り(感情面整理)

step1で取組み内容の事実整理ができれば、次に実施すべきことは取組みを深掘りすることです。

やり方として一般的なのは取組んだ内容に対して“なぜなぜ”と深掘りしていくことですが、ここでポイントは「なぜ頑張れたのか」「なぜその行動をしたのか」などの根底にあるモチベーションや感情を把握することです。

例)
なぜ部活を頑張れたのか?(頑張れたモチベーションは何か?)
課題解決に対してなぜその行動を取ったのか?(その時の思いは何か?)
その取組みを始めたきっかけは何か?(行動選択時の考え方は何か?)

step3)step1~2を複数の出来事で実施

step1~2のプロセスを大学時代に限らず、高校時代、中学時代、小学時代と色んな出来事を振り返って、深掘りしていきます。

頑張ったことや成功したことだけでなく、失敗したことや挫折したことも振り返ることは重要ですので忘れずに実施しましょう。

step4)共通項から価値観を見出す

複数の出来事で振り返り&深掘りをできたら、次は過去取組んだ事実とその時の感情から共通して見出せるキーワードが何か探ります。

具体的には下記の図のように、取組んだ事実を中心に感情やモチベーションとなる部分を繋げていきます。

そして、それぞれの取組みごとに共通している内容を見つけ出し、当てはまるキーワードを見出せば、それが自身の『価値観』となります。

step5)将来目指すべき人物像を設定(目標設定)

過去の取り組みから自身が持つ価値観がわかれば、次にやるべきことは“将来を考える”という点です。

ここで重要なことは、将来の目指すべき人物像は仕事内容に関わらず、自分自身が20~30年後に「どのような大人」になっていたいかを具体的に考えましょう。

step6)目標達成に向けた最適な場所を考える(決断軸)

step5で将来に向けた目標設定が終われば、目標を達成するためにはどのような場所や働き方が最適なのかを考えましょう。

ここを明確にすることによって、自分自身の就職先を1つに絞る「決断軸」を定めることができます。

step7)軸に合致した企業を探す

断軸が定まれば、あとは実際に業界研究や企業研究、説明会参加やOBOG訪問などを通じて、どのような働き方ができる企業なのかを見ていきましょう。

基本的に自身の「価値観」と「決断軸」を見失うことなく、就職活動を進めるようにしていけば、最終的には自身が納得した形で就活を終えることができるでしょう。

参考までに、以下のイメージ図を念頭に置きながら考えていくと、しっかりと整理できると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

ポイントは決断軸に合い、未来の自分(目標)に到達できるイメージを具体的に想像できる企業を選びましょう。

自己分析のやり方【まとめ】

いかがでしたでしょうか。

今回はこれから就活を始める人に向けて、人事目線でおすすめできる自己分析のやり方を解説しました。

自己分析のやり方はネット検索をすれば、多くのやり方が出てきます。自己分析を進めるにあたって、テクニック面は自分自身に合ったやり方を見つければよいと思いますが、何よりも重要な点は“目的を理解”した上で、目的達成のための手段(自己分析のやり方や内容)をきちんと考えることになります。

社会人になっても目的と手段を明確にして物事を進めることは、どこに行っても求められるスキルの1つといえます。学生のうちから、そのように考える癖をつけるように意識していきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です