【就活の第一歩】自己分析で強み・弱みを見つけ出す、おすすめの方法3選

学生

自分の強み・弱みがわからない。

就活に取り組むうえで、自己分析で強みと弱みを見つけるのは、かならず必要となります。

強みと弱みを理解できていれば、企業に対して適切なアピールができるようになります。

とはいえ、
「自己分析のやり方がわからない」
「効果がある自己分析の方法を知りたい」
と考えている人も多いのではないでしょうか?

本記事では、正確に強みと弱みを見つけられる自己分析の手法3つを紹介します

目次【本記事の内容】

1.「ストレングスファインダー」を受ける

ストレングスファインダーとは、アメリカで開発された有料の自己分析ツールです。

ストレングスファインダーは、世界で1,700万人が実施した、世界的にはポピュラーな存在。

世界中の大企業が、ストレングスファインダーを重要視しています。

ストレングスファインダーは、177個の質問に答えることで、人間が持っている「34個の資質」を強い順で並べるものです。

資質とは、たとえば以下のようなものが挙げられます。

  • 目標志向(目標を定め、そこに直進できる)
  • 分析志向(ものごとの原因と理解を追求し、次へ役立てる)
  • 包含(仲間に対して、居場所や役割を与えられる)

何の資質が上位(下位)かを確認することで、強みと弱みについて把握できます。

たとえば目標志向が上位に来ているなら、「自分は目標を達成することが強みである」と理解できるわけです。

逆に「分析志向」が下位に来ているなら、「分析することに弱みがあるのか」とわかります。

ストレングスファインダーを受講すると、

  • 各資質の詳細
  • 各資質の活かし方
  • 資質の順位に基づいた適職

なども提供されます。

ここまで深く詳細に自己分析ができるツールはそうそうありません。

ぜひストレングスファインダーを受講してみてください。

受講するには、「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう ストレングス・ファインダー2.0」という本を購入します。

この本に、ストレングスファインダーを受講するためのアクセスコードが記載されています。

(参考:GALLUP:ストレングスファインダー)

2.エニアグラム診断を受ける

同じ自己分析ツールなら、「エニアグラム診断」もおすすめです。

エニアグラム診断は、「人は9つのタイプに分別される」という理論に基づいた自己分析ツール。

タイプは、

  • 改革する人
  • 助ける人
  • 達成する人
  • 個性を求める人
  • 調べる人
  • 信頼を求める人
  • 熱中する人
  • 挑戦する人
  • 平和を好む人

といように分けられています。

自分がどのタイプに該当するか知ることで、「強みと弱み」を理解できます。

たとえば「改革する人」だった場合の強みと弱みは、以下のようなものです。

強み
  • 現実的な認識を持てる
  • 理想を実現するための努力
  • 強い責任感
  • 仕事の精度が高い
  • 倫理観・正義感が強い
  • 自分に厳しい
弱み
  • 融通が利かない
  • 人を批判しがち
  • 素直に指摘を受け入れられない

というように、強みと弱みを正確に把握できます。

診断を受けたあとで、詳細なフィードバックが受けられるので、参考にしましょう。

エニアグラム診断は、「日本エニアグラム学会」にて無料で受けられます。

自己分析ツール10選!無料診断ツールで自分を知り就活で内定を獲得しよう!

4月 2, 2020

3.自己分析で強み・弱みを書き出す

また「得意なことと不得意なことを書き出す」というのも、よい自己分析の方法です。

得意なことと不得意なことを把握できれば、強みと弱みが浮かび上がってきます。

これらを書き出していけば、何らかの偏りが出てきます。

たとえば、「得意なことは、対人関係に関連することが多い」というようなことに気づくはずです。となると、「自分の強みは、対人関係能力にありそうだ」と考えられるわけです。

「強み・弱いとは何か?」と考えると、なかなか答えは出てきません。

しかし「得意なこと、不得意なこと」という「事実」を見つめれば、自然と答えは出てきます。

この方法を使うときのポイントは、とにかくたくさん書き出すということです。

些細なことでもかまわないので、思いつく限り書き出してみましょう。

情報量が多ければ多いほど、強みと弱みははっきりと把握できます。

大手人事が教える自己分析のやり方【初心者向け】

5月 19, 2020

自己分析で強み・弱みを見つけ出す方法まとめ

就職活動に取り組むなら、自己分析を用いて強みと弱みを知っておくことは、たいへん重要です。

強みと弱みを知っていれば、ESや面接での質問において、困ることはないでしょう。

就活だけではなく、入社後のギャップなどに苦しむ可能性も、いくぶんは減らせるはずです。

長いスパンで考えても、自己分析で強みと弱みを把握しておいて損はありません。

ぜひ本記事で紹介した自己分析の方法を、実践してみてください。

自己PRが見つからないあなたへ。見つけ方からまとめ方まで教えます。

12月 16, 2019



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です