何を経験したかなんて重要じゃない⁉︎面接の自己紹介・自己PRの解答例とポイント

面接の冒頭。定番で聞かれる、自己紹介や自己PR。

面接官は自己紹介や自己PRから、学生の人柄や思考性、強みを知り、「自社に入社後活躍してくれるか」を見ています。そのため学生は入社後の活躍を面接官にイメージしてもらうため、具体的にかつ端的に自己紹介・自己PRをしなくてはなりません。

今回は自己紹介・自己PRの組み立て方や伝え方、解答例をご紹介していきます。

目次【本記事の内容】

面接で自己紹介・自己PRを求める理由

面接で自己紹介・自己PRを求める理由は以下の点を知るためです。

  • 学生の持つポテンシャルを知るため
  • 学生と自社のマッチング度を知るため
  • 学生の人柄や強みを知るため

自己紹介・自己PRは面接の冒頭で質問されることがほとんどです。そのため自己紹介・自己PRは、第一印象を印象づける大切な質問項目でもあります。

では自己紹介や自己PRを求める理由をもう少し詳しく見ていきましょう。

面接では第一印象が重要⁉︎第一印象を良くし内定を獲得しよう!!

8月 11, 2019

学生の持つポテンシャルを知るため

自己紹介・自己PRより面接官は、学生のコミュニケーション能力や第一印象を見ています。第一印象が面接の合否を大きく分けます。
「目を見てハキハキ話す」ことを心がけましょう。
冒頭の大切な質問です。声出しと思い、いつもの1.5倍くらいの声量を意識すると良いでしょう。

学生と自社のマッチング度を知るため

自己紹介・自己PRより学生のアピールポイントと、自社とのマッチング度を見ています。
求める人物像は、企業ごとに違いますが、「誠実さ・素直さ」はどこの企業でも必要とされる要素です。
直接的なアピールでもなくとも、誠実さ・素直さを感じてもらえるようにアピールしましょう。

学生の人柄や強みを知るため

自己紹介・自己PRより学生がどんな人物なのか、面接官は仮説を立て質問していきます。面接官が知りたい内容は、学生の「経験」ではなく、「強みや人柄」を中心に見ています。
面接官に自分自身の人柄や強みをよりイメージしてもらいやすい自己紹介や自己PRを意識しましょう。

【人事の目線】面接で人事の人って何を見ているの!?

【人事の目線】面接で人事の人って何を見ているの!?ポイントを解説

7月 12, 2019

面接で話す、自己紹介・自己PRの内容を選ぶ方法

面接官に自分紹介・自己PRを通して、ポテンシャルやマッチング度などをアピールするといっても、何をアピールすれば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。

アピールする内容を選ぶ際は、以下の点を含んだ内容にしましょう。

  • 強みを活かして解決した課題、成果
  • 強みを活かして企業に貢献できるイメージを持ってもらう

上記の内容を含め、面接官に自分のポテンシャルや企業とのマッチング度をアピールしていきましょう。

上記をもう少し詳しく見ていきます。

強みを活かして解決した課題、成果

自己紹介・自己PRでは、自分の強み(アピールポイント)を活かして解決した課題や、成果を話しましょう。具体的な数値や強みをどのように活かしたかなどを、端的にかつ論理的に話しましょう。

強みを活かして企業に貢献できるイメージを持ってもらう

どんなに良い強みを持っていても、働くイメージを持っていただけなくてはなりません。
「強みをどのように活かしていくのか」までアピールするようにしましょう。今、企業の推進している事業や、採用ページに記載のある求める人物像と絡めて話すと、より働いているイメージを持ってもらいやすいでしょう。

面接で自己紹介・自己PRを上手に伝える方法

どれだけ良い内容の自己紹介や自己PRをしても、相手に伝わらなくては意味がありません。ここでは、自己紹介や自己PRの伝え方のポイントをまとめていきます。

  • 結論から話し、具体的な行動、企業への貢献方法へとつなげる
  • 明るく元気に印象よく

上記について詳しく見ていきましょう。

結論から話し、具体的な行動、企業への貢献方法へとつなげる

面接で自己紹介や自己PRを質問された場合、端的かつ必ず結論から話すようにしましょう。
結論(結果)から話すことによって、面接官にアピールしたいポイントが伝わりやすく、印象に残りやすくなります。
また結果につながった具体的な行動、その行動や結果を企業にどう活かし、どう貢献していくかの順に伝えると良いでしょう。
特に自己PRでは「結論→行動→貢献」を意識して伝えることで、面接官もあなたの働くイメージを持ちやすくなります。

明るく元気に印象よく

面接で何より大切なのは、明るく元気に印象よく話すことです。
人は言語情報より視覚情報でその人の印象やイメージをします。自然と笑顔で話す、目をしっかり見て力強く話すといったことで印象が大きく変わります。
話すのが苦手という方は、内容を丸覚えするのではなく、伝えたいポイントのみ覚え、あとは明るく元気に印象よく話すことに注力しましょう。

自己紹介は内容を簡潔に、自己PRは強みのアピールを

自己紹介と自己PRでは、伝える内容を少し変えましょう。自己紹介は、氏名、大学名、面接で聞いて欲しいアピール事項を簡潔にまとめましょう。自己PRは、より自分のアピールポイントを入社後に活かしていけるイメージを持ってもらうためにも、具体的な内容までアピールしましょう。

面接の自己紹介・自己PRの解答例

では面接で自己紹介や自己PRを聞かれた際、どのような回答をすれば良いのでしょうか。実際の回答例を見ながらポイントを解説していきます。

面接での自己紹介の回答例とポイント

自己紹介は以下の点を含め答えましょう。

  • 大学名・学科名・学部名
  • 氏名
  • 大学での学び、成果
  • 学業以外の成果
  • 企業の魅力に感じている点
  • あいさつ

すべて含める必要はないので、面接官に聞いて欲しい点を自己紹介では含めましょう。

例文

〇〇大学 法学部 法学科から参りました、(氏名)です。

ゼミでは憲法改正について研究しており、ゼミでは議長をしております。

学業以外では商店街の振興事業にボランティアスタッフとして参加したり、居酒屋のアルバイトでは、10名のアルバイトをまとめるバイトリーダーをしていました。私は、人の前に立ち働くことができる積極性と行動力があります。

本日はよろしくお願いいたします。

ポイント

自己紹介では、自分の「聞いて欲しいこと」を端的に述べるようにしましょう。面接官は、自己紹介をもとにその後の質問をする場合があります。
簡単に1分程度で自己紹介をできるように、文章をまとめておきましょう。

面接での自己PRの回答例とポイント

自己PRでは以下の流れで話すと、面接官があなたのことをイメージしやすくなります。

  1. 結論(強みやアピールポイント)
  2. 具体例1(どんな課題に直面したか)
  3. 具体例2(強みを活かしどう解決したか)
  4. 結論(入社後この強みをどう活かすか)
例文

私は周りの人と手を取り合いながら課題解決まで導くことができます。
私の、アルバイトをしていた居酒屋では一時売り上げが低迷した時期がありました。私は問題の本質を掴むため、独自にお客様にアンケートをとりました。
アンケートを分析し、「飲食物の提供時間の遅さ」がお客様からリピーターがつかないのではと仮説を立てた私は、店長や同僚と一緒に対策を立て、オリジナルメニューの考案、アルバイトの募集広告の作成などを実行しました。その結果、売り上げが30%以上改善し、お客様のリピート率向上につなげることができました。貴社においても、営業として常にお客様の課題と向き合い、解決策を提案していきたいです。

ポイント

自己PRでは、経験談より自分の人柄や能力をアピールすることを意識しましょう。面接官は、あなたが「どんな経験をしたのか」より「どんな人なのか」を知りたいのです。あなた自身に興味を持ってもらいましょう。

自己PRの書き方フレームワーク【受かる自己PR文作れます!】

6月 3, 2019

面接は経験談の発表上じゃない。聞きたいのはあなた自身のこと

今回は面接で質問される自己紹介・自己PRについて解説いたしました。
面接は「経験内容や体験談によって選考されているのでは」、と勘違いをしている学生も多くいたのではないでしょうか。
面接はあなた自身のポテンシャルや企業とのマッチング度を見る場です。あなたの経験談を聞きたいわけではありません。あなた自身の強みや人柄を知りたいのです。
面接の自己紹介・自己PRで大切なのは、働くイメージを面接官にもってもらうことです。面接では、「自分の話したいことを話す」よりは「相手の聞きたいことを話す」ことを意識しましょう。

キャリアチケット

写真
キャリアチケットは就活のプロと共にマンツーマンでES添削・面談対策ができるサービス。

人事目線のアドバイスや適正・希望に合わした企業に推薦していただける。

マンツーマンでの面談にて直接フィードバックをいただくことが可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です