就活の自己PRでサッカー経験を活かすコツ【例文あり】

学生

学生時代にサッカー部に所属してたんだけど、自己PRへの活かし方がわからない・・・

暑い夏の日も、雪の降り積もった日も、サッカーボールを追いかけ続けた。学生時代はサッカーだけに力を注いできた・・・。

そんな学生も多いのではないでしょうか。

サッカーしかしてこなかった。だから自己PRはサッカー経験しかない。しかし、何を書けば自己PRとして評価されるのかわからず悩みますよね。

今回は就活の自己PRでサッカー経験を活かすポイントから、実際のまとめ方・例文までを共有いたします。

目次【本記事の内容】

就活の自己PRでサッカー経験は好印象

学生

サッカー経験って就活で評価されるの?

サッカー経験は就活で評価されるのか。答えは評価されます。球技スポーツの中でもサッカーは、試合の中の流動性が高く、チームとして行動することがほとんどです。瞬時の判断が求められるほか、組織内での自分の役割が高く求められます。

この経験や思考は、社会人としても高く評価に繋がります。

では、よりサッカー経験を就活の自己PRで活かすために面接官が見ているポイントについておさえていきましょう。

自己PRで面接官が見ているポイント


(出典:リクルートキャリア)

学生の自己PRから面接官はどんな点を見ているのか。

それは上記グラフからもわかる通り。

自己PRの評価ポイント
  1. 人柄
  2. 入社への熱意
  3. 今後の可能性

この3点はどんな面接官であれ、自己PRを評価する際に見ているポイントとなります。

この点からもわかる通り、経験内容やその結果は選考を大きく左右する要素とはなり得ません

「サッカーを続けてきたけど、大して結果を残せなかった」「レギュラーメンバーに入れず、応援にまわっていた」というあなたでも、サッカー経験を使った自己PRは作成できます。

大切なのは、サッカー経験を通して、あなたの“人柄”や“入社への熱意”、“今後の可能性(ポテンシャル)”が面接官に「伝わる」ことです。

では、サッカー経験からアピールすべき自身の“人柄”とはどんな点でしょうか。

就活で高校の経験を自己PRで利用する!ポイントと注意点を解説!

7月 3, 2019

サッカー経験を自己PRで使う際にアピールすべきポイント

学生

サッカー経験ってどんな内容がアピールできるの

サッカー経験を自己PRで使用する際に、アピールすべきポイントは以下の通り。

アピールポイント
  1. 協調性
  2. リーダーシップ
  3. 目標に対する取り組み
  4. 組織への貢献

上記の全てをふまえた文章を書かなくてはいけない、という訳ではありません。あなたの強みとする点を1つ選び、文章としていきます。

では各ポイントについてもう少し詳しく見ていきましょう。

サッカー経験のアピールポイント①協調性

“協調性”は社会人としても必要な能力の1つ。会社では1つのビジョンやミッションを達成するために様々な仕事をこなします。仕事をまわすために、仕事を管理する人や新規のお客様にアプローチをかける人など、それぞれの業務に取り掛かります。

そこで大切なのが“協調性”です。

チームで全国大会や大会での優勝を目指しているときに、手を抜くメンバーと誰も一緒にプレーしたくないですよね。

社会人も同じで、1つの目標に対して共に達成を目指せない社員とは働きたくありません。

チームプレイであるサッカー経験は“協調性”をアピールするために最適です。社会人でも同様に、“協調性”を発揮できることをアピールしましょう。

サッカー経験のアピールポイント②リーダーシップ

社会人として“リーダーシップ”も必要スキルの1つ。部活の主将や部長を経験した人は、ぜひ自己PRとして利用しましょう。

ただ“リーダーシップ”とは、「チームの先頭で全体を引っ張る」と言った意味だけではないことをおさえておきましょう。「チームの足りない点を補うリーダー」「コミュニケーションを通して、チーム全体のモチベーションをあげるリーダー」など、あなたの発揮してきた“リーダーシップ”をしっかりと言語化することが必要です。

あなた独自の“リーダーシップ”を自己PRでは表現しましょう。

サッカー経験のアピールポイント③目標に対する取り組み

サッカーで1つの目標に向かって取り組んできた経験は、社会人でも評価されます。会社では、売上やお客様満足度の向上といった“目標”が一人一人に与えられます。

サッカーで1つの目標に取り組んできた経験は、会社に入社後も1つの目標に取り組める証明となるのです。

入社への熱意も合わせて明確に伝えることで、印象に残る「伝わる」文章になるでしょう。

サッカー経験のアピールポイント④組織への貢献

どのように“組織への貢献”をしてきたのか。サッカーは11人制のスポーツがゆえに、試合に出場できないメンバーも多くいます。でも必ず試合に出場できなくとも、必ず何かの形で組織には貢献していたはず。その貢献方法を文章としてまとめましょう。

“組織への貢献”に関する自己PRは、あなたの人柄や思考を伝えるのに最適です。うまく言語化することで、他の学生とは一味違う差別化を図った文章を作成することができます。

自己PRでのサッカー経験のまとめ方をご紹介【簡単フレームワーク】

先ほどまでは、面接官の自己PRより見ているポイントや、サッカー経験を自己PRで使う際にアピールすべきポイントについて共有しました。

ここからは実際に、サッカー経験を使った自己PRを作成して行きます。

自己PRを作成する際は、上記のフレームワークを利用すると簡単にまとめることができます。

自己PRのフレームワーク
  1. 結論(自身の強み)
  2. 課題(サッカーでの課題や目標)
  3. 解決策(目標達成や課題解決に取り組んだこと)
  4. 学び(結果「何を」得ることができたか)
  5. アピール(入社後の貢献意欲)

このフレームワークに関しては、下記の記事にて詳しく説明しております。ご参考ください。

自己PRが見つからないあなたへ。見つけ方からまとめ方まで教えます。

12月 16, 2019

サッカー経験を使った自己PRの例文を紹介

では実際にサッカー経験を使った自己PRを紹介していきます。

例文
  • 協調性
  • リーダーシップ
  • 目標に対する取り組み
  • 組織への貢献

上記をおさえた例文を順番に紹介していきます。

サッカー経験の自己PR例文①協調性

例文①協調性

私の強みは協調性です。高校時代にサッカー部に所属していたのですが、試合メンバーには入れず補欠でした。「チームの役に立ちたい」一心で大切な試合前は、相手チームの分析を請け負いました。相手チームの主力選手からプレースタイルまで深く分析し、メンバーに細かく情報を伝えました。その結果、チームは全国大会の出場をすることができました。貴社でも持ち前の協調性を活かし、チームに必要な業務を行なっていきます。

サッカー経験の自己PR例文②リーダーシップ

例文②リーダーシップ

私の強みは人を巻き込むリーダーシップです。大学ではサッカーサークルの部長をしていました。しかしメンバーの参加率は低く、活動は固定のメンバーのみとなっていました。参加率を上げるために、業務をメンバーに合わせて一人一人割り振り、貢献意欲の向上を図りました。その結果、平均10名程度の参加人数だった活動が、平均20名にまでなりました。この経験を活かし、貴社でも周りの仲間と共に業務にあたります。

サッカー経験の自己PR例文③目標に対する取り組み

例文③目標に対する取り組み

私は強みは、継続力です。私の大学ではサッカーサークルがありませんでした。立ち上げのためには、最低11人をメンバーを集める必要がありました。メンバーを集めるために、ただ声をかけて回るだけでなく、立ち上げへの思いも伝える工夫を地道に行いました。結果として、当初は友達2人から始めたサークルも11人のメンバーが集まり試合ができるまでになりました。貴社に入社後も持ち前の継続力を活かし貢献していきます。

サッカー経験の自己PR例文④組織への貢献

例文④組織への貢献

私の強みは、組織への貢献意欲です。私は大学時代サッカー部に所属していましたが、大きな怪我もありマネージャーへの転身を決意しました。自らが選手だったことを活かし、怪我を理由に引退する選手を減らすために、精神的なケアに力を入れました。共に復帰までの可能な範囲の練習メニューを考えたり、チームへの貢献方法を模索したりしました。その結果、怪我を理由に引退する選手を0人にすることができました。貴社でも組織への貢献を第一に、自らにできることを実行していきます。

サッカー経験を活かして就活をしたい!部活経験者に特化した就活サービス

今回は就活の自己PRでサッカー経験を活かす、コツ(ポイント)と例文について共有しました。

サッカー経験は、選考において強い武器になります。「全国大会に出場した」「サークル活動を4年間続けた」などの経験の大小は、選考には関係なし。あなた自身の人柄や入社への熱意が「伝わる」ことが大切です。

でもひとりで「伝わる」自己PRの作成をするのは難しいですよね。

そんな方には、アスリートエージェントをおすすめします。

【公式サイト】https://www.a-cial.com/lp/head/

アスリートエージェントの特徴
  • 約1,000名以上のアスリート・体育会系人材の就活のサポート実績
  • 10万社から厳選したアスリート・体育会系人材限定の求人
  • アスリート・体育会系に特化した就活アドバイザーがマンツーマンで対応

上記の通り、アスリートエージェントは「アスリート・体育会系」に特化した就活エージェントです。学生の利用は無料。プロの就活アドバイザーが、あなたにしか書けない自己PRの作成などをお手伝いします。

「自己PRの作成が不安だ」「就活について気軽に相談できる人が欲しい」そんな思いのある方は、ぜひ1度利用してみましょう。



キャリアチケット

写真
キャリアチケットは就活のプロと共にマンツーマンでES添削・面談対策ができるサービス。

人事目線のアドバイスや適正・希望に合わした企業に推薦していただける。

マンツーマンでの面談にて直接フィードバックをいただくことが可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です