野球経験をガクチカや自己PRに活かす!就活で内定を獲得するESの書き方のポイント【例文あり】

学生

野球部に所属した経験を活かして、自己PRやガクチカを作成したい!

野球じゃ打てても、就活のESは三球三振…

いくら野球はできても「自己PRやガクチカといった文章は、まったくダメ」という学生も多いはず。

でも本記事のポイントをおさえることで、部活動でやってきた野球経験を活かした自己PRを作成することができます。

今回は就活の自己PRで野球経験を活かすポイント、実際のまとめ方・例文までを共有いたします。

藤井

「苦手すぎてひとりじゃ自己PRの作成は無理!」って方は、アスリートエージェントを利用しましょう。

元アスリートのキャリアアドバイザーがマンツーマンで自己PRの作成から面接対策まで就活をサポートしてくださいます!

目次【本記事の内容】

ここに見出し2

ここに見出し3

ここに見出し3

ここに見出し2

野球経験は就活の自己PRで好印象

甲子園の夢を追いかけた高校時代、大学で全国大会に出場した経験など・・・

野球の経験は、就活の自己PRで利用されることも多い題材です。

でも野球の経験は就活で評価されるのでしょうか。

結論からいうと評価されます
野球は攻守やチーム内の役割がはっきりと別れ、ひとりひとりに明確な働きが求められるスポーツです。

これは会社の構造にも似ており、ひとりひとりが与えられる業務をこなし、組織を回す。チームメンバーで議論して、ひとつのプロジェクトを動かすなど、野球で培ってきたであろうスキルが評価に繋がるのです。

あとは、年代層が上の方は野球好きが多く共通の話題になりやすいため、印象に残りやすいともいえます。

では、実際に野球の経験を自己PRに活かすためには、どのようにすれば良いのでしょうか。実際の書き方を説明する前に、面接官が自己PRでみているポイントをおさえておきましょう。

自己PRで面接官が見ているポイント

(出典:リクルートキャリア)

上記はリクルートキャリアが企業人事と学生向けに行ったアンケートです。

人事が見ている採用ポイント
  • 人柄
  • 自社/その企業への熱意
  • 今後の可能性

では対する学生は、何を採用基準に選ばれていると感じているでしょうか。

学生が思う採用ポイント
  • 人柄
  • アルバイト経験
  • 所属クラブ・サークル

ちょっと衝撃じゃないですか。

これだけ人事と学生が思う「採用基準」にズレが生じています。

要するに、重要なのは経験内容ではなく、学生自身の人柄思考性ポテンシャルなのです。

「野球をしてきたけど大した結果を残せていない」「レジュラーメンバーに入れず応援をしていた」

こんな学生でも、野球経験を題材に選考を通過する自己PRを作成することができます。

では、実際に野球経験を利用してどんな点をアピールすべきか。
いくつかの例を見ていきましょう。

野球を自己PRで使う際にアピールすべきポイント例

では野球経験を使って、どのように自己PRをしていけば良いのか。

以下のようなアピールポイントの例があげられます

アピールポイント例
  • 協調性
  • リーダーシップ
  • 目標に対する取り組み
  • 組織への貢献

野球経験は、上記のようなポイントをアピールしやすい題材となります。

各ポイントについてもう少し詳しく見ていきましょう。

①協調性

“協調性”は企業において必要とされる能力です。企業での仕事は、業務やプロジェクトごとにチームを組んで働くことがほとんどです。

野球でも「私ひとりがよければ・・・」と練習をサボるメンバーと、同じチームになるのは嫌ですよね。

社会人においても同様で、仕事を進める上で協調性は重要視されます。

チームでひとつの目標を目指す野球は、必ず協調性を求められる場面があったはず。

「周りのメンバーと、どのような工夫をして付き合ったきたか」を考えることで協調性をアピールできる文章を作成できるでしょう。

リーダーシップ

チームやプロジェクトをベースに働く上で“リーダーシップ”も必要スキルの1つです。

野球部でリーダーや部長を勤めた学生は、積極的にアピール材料に使いましょう。
ただリーダーといっても「背中で引っ張るリーダー」や「ムードメーカー的なリーダー」など、発揮してきたリーダーシップは少しずつ違うはず。
あなた独自のリーダーシップを言語化して自己PRで表現していきましょう。

③目標に対する取り組み

「甲子園に出場する」

高校球児にとっては、誰しもが憧れる場所であり、本記事をお読みの方の中にも「甲子園を目指していた」という学生も多いのでないでしょうか。

このような、ひとつの目標に対して努力し続けられる“継続力”や強い“達成意欲”は、企業においても必要とされます。

企業でも、ひとりひとりに営業目標が課せられる場合があります。

「目標達成に向けて、継続した努力ができる学生なんだな」

「強い達成意欲で、高い目標に対しても立ち向かえる学生なんだな」

上記のような学生だと感じていただけるように、目標に対する“継続力”や“達成意欲”をアピールしていきましょう。

④組織への貢献意欲

野球はチームスポーツです。メンバーとして試合に出場していようが、応援として応援席から声を張りあげていようが、あなたはチームの一員として何らかの役割を果たしてきたはずです。
あなたが組織の一員として、どんな役割を担い、どんな貢献をしてきたのか。

サッカーは11人制のスポーツがゆえに、試合に出場できないメンバーも多くいます。でも必ず試合に出場できなくとも、必ず何かの形で組織には貢献していたはず。その貢献方法を文章としてまとめましょう。

“組織への貢献”に関する自己PRは、あなたの人柄や思考を伝えるのに最適です。うまく言語化することで、他の学生とは一味違う差別化を図った文章を作成することができます。

自己PRを野球経験を題材にまとめる!【フレームワーク】

前章では、野球経験で利用できるアピールポイントの例を紹介してきました。

本章では、野球を題材にした自己PRを作成するための、基本的な書き方と当てはめるだけで文章の大枠を決めることができるフレームワークをご紹介します。

自己PRのフレームワーク
  • 結論(私の強み)
  • 課題(野球での課題や目標)
  • 解決策(目標達成や課題解決に取り組んだこと)
  • 学び(結果的に得たこと)
  • アピール(入社後はどう貢献していくか)

自己PRは上記のフレームを利用することで、まとまりのある文章にまとめることができます。

いきなり書き始めるのではなく、各フレームごとに箇条書きから始めると考えを整理しながら文章を書くことができます。

詳細は以下の記事でも紹介しておりますので、ご参考ください。

自己PRが見つからないあなたへ。見つけ方からまとめ方まで教えます。

12月 16, 2019

野球経験の自己PRの例文を紹介

本章では、自己PRを作成ために役立つ例文をいくつか紹介します。

アピールポイント例
  • 協調性
  • リーダーシップ
  • 目標に対する取り組み
  • 組織への貢献
前章で紹介したアピールポイント例をベースに例文を紹介します。

例文
私は協調性を持って周りと接することができます。大学の野球部では、試合メンバーには入れず補欠でした。「何かチームの役に立ちたい」という気持ちから相手チームの分析を進んで請け負いました。相手チームの主力選手からプレースタイルまで深く分析し、試合前のミーティングで対策を提案していました。その結果、チームは全国大会の出場をすることができました。貴社に入社後も協調性を活かし貢献していきます。

野球経験でリーダーシップをアピールする

例文
私の強みはリーダーシップです。大学では野球部の部長として活動しました。所属した野球部には監督がおらず、練習メニューは部長である私が考え取り組んでおりました。各個人のプレーヤーとしての成長や、野球部として成績を残すために必要なことを客観的に練習メニューを考え調整をしました。結果としてリーグ戦で、部としての最高成績である3位という結果を残すことができました。貴社に入社後も客観的に現状を分析しながら、リーダーシップを発揮していきます。

野球経験で目標に対する取り組みをアピールする

例文
私は強みは、継続力です。高校時代は部員数100名の野球部に所属していました。甲子園の出場を夢に日々の練習に取り組んでいたのですが、自身の打率がすぐれずチームに貢献できずにいました。打率の向上のために、チームメイトやコーチに直接アドバイスや指導をいただいた結果、自身のバッティングフォームに問題があることに気づきました。改善のため全体練習の終了後にチームメイトを誘い、フォームを確認しながらの素振り100回を自分に課して2年半の期間を継続し続けました。その結果、甲子園に出場し、ヒットを打つことができました。貴社に入社後も持ち前の継続力を活かし貢献していきます。

野球経験で組織への貢献をアピールする

例文
私の強みは組織への貢献意欲です。私は大学で野球部に所属していたのですが、怪我の影響でプレーができなくなりました。しかし、チーム・メンバーと最後までプレーしたいと考えた私は、応援団長という立場でチームに関わることにしました。応援を支援してくださる他の部活動との連携や、観戦にきてくださるOB・OGの誘導を各試合ごとに行い関係を深めてきました。結果として最後の公式試合には、多くの方が駆けつけてくださりチームも勝利を治めることができました。貴社でも組織に貢献できる方法を常に模索して実行していきます。

野球経験を活かして就活をしたい!部活経験者に特化した就活サービス

【公式サイト】https://www.a-cial.com/lp/head/

アスリートエージェントの特徴
  • 元アスリートのアドバイザーに就活の相談が可能
  • 体育会系・アスリートに特化した非公開求人を紹介
  • スポーツマンの強みを引き出すESや面接対策ができる
今回は野球経験を活かすための自己PR作成についてまとめました。

でも「ひとりで作った文章に自信がない」という学生も多いはず。

アスリートエージェントでは、元アスリートのキャリアアドバイザーが、面談を通してあなたの就活をサポートしてくださいます。

ESの添削や面接対策はもちろんのこと、体育会系に限定した非公開求人の紹介もあるため、特別な選考ルートで内定を獲得することも出来ます。

全てのサービスを無料で利用できるため、まずは気軽に相談してみましょう。

キャリアチケット

写真
キャリアチケットは就活のプロと共にマンツーマンでES添削・面談対策ができるサービス。

人事目線のアドバイスや適正・希望に合わした企業に推薦していただける。

マンツーマンでの面談にて直接フィードバックをいただくことが可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です