企業研究のやり方講座!見るべきサイトや使うべきツールを紹介!【就活初心者向け】

学生

企業研究のやり方ってどうすればいいの?

企業研究をすることは、志望動機の作成やあなたにあった企業を見つけるために重要です。

企業研究のやり方やポイントをおさえることで、他の学生との差別化やミスマッチのない就活をすることができます。

今回は、企業研究のやり方とポイントを具体例を踏まえながら紹介していきます。

目次【本記事の内容】

企業研究をする目的

企業研究はそもそも何のために行うべきなのでしょうか。

企業研究を行う目的は、以下の2点です。

企業研究の目的
  • 業界からあなたにあった企業を見つけるため
  • 志望動機を作成するため

順番に詳しくみていきましょう。

業界からあなたに合う企業を見つけるため

企業研究は、志望する企業の特徴や特色を知るために行います。

志望業界の中での、企業の立ち位置(ポジショニング)や競合との違いを研究して理解を深めつつ「自分の志向や目的と合致しているか」を企業研究で考えることでミスマッチの少ない就活にすることができます。

志望動機を作成するため

「入社後に成し遂げたいこと(貢献すること)」「自身と企業の志向がマッチしているポイント」を説明する志望動機は、企業研究を深めることで具体的で説得力のあるものにすることができます。

企業研究で、企業の理解を深めてアピールに繋げていきましょう。

企業研究で見るべきポイント

では企業研究では、どのようなポイントをみていく必要があるのか。以下のような点があげられます。

企業研究のポイント
  • 基本情報(企業情報・事業内容)
  • 競合他社との違い(企業の強み)
  • 企業とのマッチング度

順番に詳しく説明していきます。

基本情報(企業情報・事業内容)

基本情報でおさえておくべき点は以下の通り。

企業概要

「企業理念」や「ミッション」、「資本金」や「社長名」など

事業内容

「商品・サービス」や「顧客(B to B , B to C  など)」、「企業がお金を得ている方法(マネタイズ)」や「今後の事業計画」など

制度

「福利厚生制度」や「人事・教育制度」、「休暇・有給消化率」など

採用情報

「採用人数」や「求める人物像」、「選考方法」など

基本情報を大まかにおさえておくことで、次に紹介する他社との違いを知ることができ、より具体性のある志望動機を作るために活かすことができるでしょう。

競合他社との違い(企業の強み)

「同業他社でなくなぜうちに来たの?」

面接官のこのような質問に的確に答えるためには、その企業の強みをおさえておく必要があります。

企業にはそれぞれの特徴や魅力とする点があります。「どんな点が他の企業と違うのか」を知るためには、以下のポイントをおさえておきましょう。

顧客(取引先・販売先)は誰か

企業や法人を顧客とする「BtoB(Business to Business)」企業なのか、一般の消費者を顧客とする「BtoC(Business to Customer)」企業なのかなど、「顧客は誰か」をおさえておきましょう。

また企業ごとのターゲットとしている「顧客像」まで深堀して調べておくと、より理解が深まるでしょう。(例:富裕層・一般層)

商品・サービスの強み

企業で取り扱う商品・サービスは、他社に真似ができない強みを持っている場合が多くあります。

その商品・サービスが顧客にとって「ほかと変えられないもの」であるほど、選ばれ続ける安定した企業といえるでしょう。

事業規模の違い

売上高や営業利益、従業員数など、企業規模の違いについても見ておきましょう。

後に紹介する企業のIR情報(企業が株主向けに発信する情報)をもとに、売上高や営業利益、キャッシュフローについて分析を行うことで、事業規模や業界のトレンドの理解を深めることができるでしょう。

事業戦略の違い

IT技術の進化により社会は恐ろしい速さで変化をしています。企業の生存年数は年々低下し、生き残りを目指すには「変わり続けること」が求められます。

今後の戦略に注目して「業界の向かう方向」や「企業が生き残るために取るべき戦略を立てているか」について調べることで、それぞれの企業が目指す方向性による違いを知ることができるでしょう。

上記のような企業の特徴や魅力となるポイントをおさえて、分析を深めるようにしましょう。

企業とのマッチング度

企業研究をする上で一番大切なのは「自身と企業のマッチング度」を知ることです。

「自身の志向と企業の持つ“vision”が同じ方向を向いているか」「未来のなりたい自分は、その企業で実現することができるのか」など、自身の「企業選びの軸」と照らし合わせながら企業を見ていきましょう。

(引用:チカイケ秀夫@原体験ドリブンな人【Twitter】)

企業への入社が目的になってしまった就活は必ず失敗します。

未来のあなたの“vision”を実現するための「手段」として企業がマッチしているのかを考えていきましょう。

転職や独立を見据えた就活方法~【新卒向け】~

5月 6, 2020

企業研究のために見るべきサイトや役立つツールをご紹介

では企業研究は何を見て進めていけば良いのでしょうか。

具体的に見るべきサイトや役立つツールについてご紹介します。

企業研究のツール
  • 企業のホームページ
  • 就活情報サイト
  • IR情報
  • 会社説明会/インターンシップ
  • ニュースサイト
  • OB・OG訪問

順番に詳しく説明していきます。

企業のホームページ

ネット上での「企業の顔」となるホームページ。多くの企業では、企業のアピールしたい事柄やメッセージを中心に内容が構成されているはずです。

企業分析をする上で、まずはホームページで得られる情報を全て読み取っておくようにしましょう。

就活情報サイト

「マイナビ」や「リクナビ」といった大手メディアでは、企業の売りとしている情報が集約されています。「どんな会社なのか」「どんなことを目指しているのか」などわかりやすく概要をまとめて掲載されているので、企業の大まかな内容を知るにはもってこいです。

他にも「ONE CAREER」や「Open Work」などの情報サイトを利用して企業理解を深めましょう。内定者のESや選考体験記、社員の口コミなど「企業がどんな人を採用しているのか」「社員からみた会社の現状」など、求人メディアでは得られない情報を取り入れるようにしましょう。

IR情報

IR情報とは、企業の投資家向けに発信される経営状況や財務状況、業績動向などの情報です。「現在の企業の状況」や「今後の企業戦略」などを記載しているため目を通すようにしましょう。

IR情報を絡めて志望動機を作成できる人は、ほとんどいませんので読み込むことで他の学生との差別化にも繋がるでしょう。

IR情報でみるべきポイントは以下の記事をご参考ください。

企業研究のやり方とは!?トヨタ自動車の企業研究付き

6月 6, 2019

会社説明会/インターンシップ

企業の雰囲気や社風を知るためには、会社説明会やインターンシップに参加して、人事や社員の方と直接話すで理解を深めていきましょう。

特にみるべきポイントは「自身の持つ志向と社員が目指している志向に共通する点があるかどうか」です。

将来的に自身の上司となるかも知れない人たちです。志向が合わない人と共に働き続けるのは、自身のためになりません。会社説明会やインターシップでしか伺うことができない「仕事に対するやりがい」や「仕事の中で目指していること」などを質問してみると良いでしょう。

また実際の仕事内容や事業概要、今後の方向性などをを合わせて知ることで、より企業研究を進め内容のある志望動機を書くことができるでしょう。

ニュースサイト

ニュースサイトは業界のトレンドや企業の最新の情報を取り入れる上で利用すべきです。

  • 日経新聞
    →経済情報や業界トレンド
  • Newspicks(ニュースピックス)
    →経済ニュースに特化したメディア
  • PR TIMES
    →企業のプレスリリース

面接で聞かれる「最近のニュースで気になること」を問われた際に、企業のプレスリリース情報について述べると一目おかれることも。最新の業界トレンドや企業の情報に関しては、常に取り入れる意識をしておきましょう。

OB・OG訪問

企業の社風や雰囲気を知るためにも、志望度の高い企業に関してはOB・OG訪問を行うようにしましょう。

実際に働く社員と話をすることで、自身の目指す志向とのすり合わせを行うようにしましょう。企業内の動きをより明確に知るためには、社会人歴の長い社員と会うことを心がけると良いでしょう。社会人歴が浅い人だと、持っている企業の情報や知識にムラがあり、得たい情報を引き出せない可能性があります。

「同じ大学外の社会人と会いたい」「OB・OG訪問を手軽に行いたい」という方は以下の記事もご参考ください。

OB・OG訪問で役立つツール5選。企業研究を深めて就活を有利に

6月 22, 2019

企業研究には3C分析を利用しよう


(引用:Truth, Inc.)

集めた情報をもとに、分析を進めるには「3C分析」を利用します。

3C分析
  • 市場・顧客(customer)
  • 競合(competitor)
  • 自社(company)

上記の3つの頭文字から3C分析は名付けられました。

順番に詳しくみていきましょう。

自社(company)

自社(志望企業)の商品・サービスや業界内のシェア率、ヒト・モノ・カネ・情報といった資源など。その企業が保有することについて分析を深めましょう。

主にホームページや就活サイト、IR情報を参考にすることで、自社(志望企業)の情報を取り入れ分析してみましょう。

市場・顧客(customer)

企業が提供する商品・サービスがターゲットとする市場や顧客を把握しましょう。現在の市場規模や今後の市場の成長性、顧客に商品・サービスが届くまでのプロセスなどを分析することで、「今後の企業戦略」や「どんな顧客ニーズに答えようとしているのか」などの理解を深めていきましょう。

これらの点は、ホームページやIR情報、ニュースサイトを参考に取り入れていきましょう。

競合(competitor)

競合(ライバル)との比較は企業研究において最も重要です。

まずは志望企業の競合となる(同じ事業・同じ市場)企業を就活サイトを利用して探します。そのご「志望企業と他社の違い」について考えられるものを書き出してみましょう。

「違いがわからない」という方は、会社説明会・インターンシップ、OB・OG訪問で質問をして理解を深めるようにしましょう。

企業研究のやり方まとめ

今回は企業研究のやり方についてまとめました。

企業分析は、あなたの将来の“vision”を成し遂げるための企業選びにおいて重要なことです。

企業研究は、最初こそは慣れないかも知れませんが、より多くの企業を知っていくことで、業界のトレンドや今後の経済の流れまで想像できるようになります。

企業研究を徹底して、志望企業から内定を獲得できるようにしましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です