面接で定番の質問。あなたはどう答える?適切な解答例とポイント!

「自己PRをお願いします」
「当社を志望した理由は何ですか」
このような質問はどこの企業の面接に参加しても聞かれる「定番」の質問です。

「定番」であるからこそ、「周りの学生はどんなことを話しているのか」不安にないりやすいと思います。

今回は面接で定番の質問を10問、答え方のポイントと解答例を紹介していきます。

面接で定番の質問10選。的確な答え方と解答例

面接では質問を通して大きく3つのポイントが見られています。

①人柄・能力
実際に会った印象や、話し方、質問に対する返答内容などを見ています。正直であるか、素直であるか、どんなスキルを持っているのか、やる気はあるのか、どんな能力があるのかなど様々なポイントを見ています。
②入社に対する本気度
学生がどれだけ会社のことを思ってきているのかを見られています。自分の会社は何番目の志望会社なのか、内定を出した場合本当に入社してくれるのか、などをみられています。どれだけ企業理解をしているのか、やりがいやビジョンが一致しているかを話す内容より読み取ろうとしています。
③入社後の姿
学生が入社した後、どのように会社に貢献してくれるか、どんな場所、場面で活躍をしてくれるのか、社外の人から見たときどんな評価を受けそうかなどポテンシャルをみられています。
【人事の目線】面接で人事の人って何を見ているの!?

【人事の目線】面接で人事の人って何を見ているの!?ポイントを解説

7月 12, 2019

面接官は上記3つのポイントを見るために様々な質問を投げかけます。
それぞれの質問からどんな点が見られているのかを意識しつつ質問に回答していきましょう。

それでは定番の質問の答え方と解答例を見ていきます。

⒈自己PRをお願いします

自己PRは自分を自由に表現できる時間です。自分の強みは何なのか、具体例をふまえつつ話しましょう。自分の話したいことをはなすのではなく、先ほど紹介した3つのポイントにふれつつPRを行いましょう!

check

①結論から述べているか
②自分の強みを前面に押せているか
③具体例をふまえ述べられているか

『私はどんな逆境にも屈しない不屈の精神を持っています。部員140名を誇るサッカー部に所属しており、レギュラーを取るため日々練習に努めていました。しかし、大けが(椎間板ヘルニア)をしてしまい、医師からは選手としての復帰は厳しいだろうと言われました。

そこで諦めるという選択もできましたが、私は常に「自分ならできる」という強い信念を持ち、1年半に及ぶリハビリに取り組み続けました。その結果、プレイヤーとして完全に復帰することができたのです。社会に出ても逆境があるかと思いますが、絶対に諦めない強い気持ちを持って乗り越えます。貴社に入社後も、いかなる困難も乗り越え必ず飛躍します。』

 引用:就活ノート

⒉当社を志望した理由を教えてください

なぜ弊社を希望するのか。やはり面接官としては必ず聞きたい質問の1つです。学生がどれだけ企業・業界のことを理解しているのか、どんなことに挑戦したいのかなど知り、企業とのミスマッチを防ぐためにも質問します。

check

①自分のやりたいことを具体的に述べられているか
②なぜこの会社ではないといけないのか説明できているか
③採用にあたり企業側のメリットは何か

私は、モノを必要としている人に適切に届ける事で、特に発展途上国で困っている人の問題を解決したいと考えています。大学のゼミの調査で発展途上国を訪れた際に、流通ルートが整っていないが為に必要なモノを手に入れる事ができない人が大勢いる事を知り、課題に思いました。発展途上国への参入を積極的に推進している貴社では、この課題解決に取り組む事ができると確信し、貴社を志望しました。

引用:就活ノート

志望動機の書き方・まとめ方!評価される志望動機とは⁉︎

7月 25, 2019



⒊あなたの長所・短所を教えてください。

長所・短所はその人の人柄や能力を見るほか、自分をしっかりと客観視できているかどうかが問われます。自己分析を徹底し、自身の性格から見える長所・短所をまとめておきましょう。

check

①客観視した自分を述べられているか
②短所を長所としてもとらえられているか

~短所が「頑固」である人~
「自分なりにしっかり考えて意見を言っているのですが、友人などに頑固だと言われることがあります。
まわりの意見に耳を傾けられてないということなので、できるだけ話しを聞く機会をもうけて立場の違いなどを考慮出来るようにしたいと考えています。」

~短所が「せっかち」である人~
「思い立ったらすぐにやろうという面があります。スピードを求められる時はいいのですが、
充分に考えきれていないケースがあるので、片付けるという意識ではなくじっくり丁寧に取り組むと言うように意識を変える必要があります。」

~短所が「八方美人」である人~
「いろんな人と仲良くなれるので八方美人ととられることもありますが、相手の言うことに振り回されないように注意して、
必要に応じて自分の考えや意見を示すことが出来るようにしたいと思っています。」

引用:就活ノート

自己分析について

自己分析のやり方!具体例とやり方を徹底解説

6月 17, 2019

⒋学生時代頑張ったことは何ですか

どんなことを学生時代に取り組んできたのか。ここでは「経験内容」よりそこからわかる「あなた自身」が大切です。頑張った事実だけでなくあなた自身の強みのアピールにつなげましょう。

check

①結論から述べられているか
②具体的な例を述べているか
③自分のアピールにつなげられているか

8 ヶ月間企業と飲料商品のコラボ開発に15 名の学生団体代表として取り組みました。
企業への最終プレゼン1 ヶ月前になり、週1の全体会議に3名しか来なくなりました。
そこで「仲間と何かを成し遂げて喜びを共有したい」価値観から、改革を決意しました。
まず原因として、先輩の目が気になり発言しづらい環境が士気の低下に繋がったと考え、私は3つの解決策「同学年13名で会議」「役職設置」「目標共有」を実施しました。
結果、士気の高揚と会議の参加率向上に加え、多様な提案が生まれ、最終プレゼンは「学生と思えない」と評価され、目標だった商品化の実現が決定しました。この経験で組織の統率とは一人ひとりの心を動かす事だと学びました

引用:就活ノート

読まれるエントリーシートの書き方講座!評価されるポイントと例文を紹介します

6月 29, 2019

⒌入社後やりたい仕事はなんですか

入社後どのような仕事に挑戦したいのか。またどのように貢献していくことが出来るのか。志望度をアピールするためにも事前の企業研究は怠らないようにしましょう。

check

①結論から述べられているか
②やりたいことだけでなく、どうやって貢献できるかまで述べられているか
③企業理解を事前に深められているか

貴社を志望する理由は、国際物流に携わることができるグローバルなメー カーであり、なかでも日本企業が本当に世界をリードできる自動車業界であるためです。

別々の場所にあるモノとモノ、モノと人とを出会わせ、互いの価値を最大化させるという物流の仕事に価値を感じています。

また、創意工夫による改善の結果が数値で見えやすいことも魅力です。

貴社で将来やりたい仕事は、物流のプロフェッショナルとして途上国での新たな物流網の立ち上げに携わり、世界中どこでも必要とする人にトヨタ車を届けることです。

そのためにもまずは、既存の流通網で基盤を積みます。担当の部品や車種に関して、既存の輸送の方法やルートを徹底的に調べ上げ、

新たな技術や取り組みにもアンテナを張り、慣例にとらわれず最善の方法を提案したく思います。

引用:就活ノート

⒍最後に何か質問はございますか

面接最後に聞かれることが定番となっている逆質問。あなたはただ聞きたいことを質問しているだけになっていませんか。逆質問の時間も選考の一部です。あなたの志望動機や人柄が見られていることは忘れないでおきましょう。

check

①必ず何か質問する。なければ自己PRの時間に
②聞きたいことを聞いているだけになっていないか
③自分のアピールにつなげられているか

① 自分の資質を示すための質問
(例)「御社で活躍するために、私のこれまでのキャリアやスキルで足りないもの、補うべきものは何があるでしょうか?」

② 意欲を見せるための質問
(例).「○○さんの具体的な一日の業務の流れがどのようなものか教えていただけませんでしょうか?」

③ 相性を確認するための質問
(例)「この仕事の大変なところとして心得ておくべきなのは何だとお考えですか?」

引用:就活ノート

【面接】 逆質問の回答例とポイント!逆質問を制する者は内定を制する!!

8月 30, 2019

⒎失敗や挫折経験について教えてください

自己分析を行おう

人生のなかで誰しも必ず失敗経験があるはずです。面接官はその時「どうやって失敗を乗り越えたか」という点からあなたの人柄を見ています。

check

①結論(経験内容)を端的に話す
②どう乗り越えたのかについて中心に話す
③失敗経験からの学びをまとめる

将来、英語を活かした仕事に就きたいと思っており、大学3年の時にオーストラリアへ留学を決めました。しかし、いざ留学してみると日本人がとても多く、休み時間や放課後には日本語が飛び交い、英語漬けの日々を思い描いていた私の予想は大きく外れてしまいました。

これでは日本にいる時と変化がなく留学した意味が無いと思い、一時は留学を中止し日本に戻ることを考え始めました。

しかし、「英語を活かした仕事がしたい」という当初の目標を思い出し、ここでできる最大限のことをして英語をマスターしようと考え直しました。

学校には日本人が多いとしても、街へ出ればもちろんネイティブの方も多く、文化は日本と全く異なります。そこで留学中はなるべく学校外の人とも積極的に関わるようにし、たくさんのネイティブの方と交流する中で英語力を上達させることができました。

ここで培った英語力を活かし、グローバル化を推進する御社に貢献できるよう、頑張りたいと思います。

引用:賢者の就活

⒏最近の気になるニュースについて教えてください

最近の学生の興味や関心はどこにあるのか、情報感度はどうかなどを見られています。ただ見た情報をいうのではなく、そこから何を感じたのかを述べましょう。

check

①企業に関するニュースを選んでいるか
②内容だけでなく「意見」を述べているか

⒐就活の軸について教えてください

学生の企業選びの基準を知るためにも、「就活の軸、企業選びの軸」は問われることがあります。面接官はなぜ学生が弊社を志望しているのかに興味があります。

check

①他の質問との一貫性を持たすこと
②面接官の「なぜ」に答えているか

「私は、人に“ありがとう”と言われることを軸にしています。学生時代はボランティアサークルに所属し、週に1度老人ホームにレクリエーション活動に行っていました。お年寄りの方々に“ありがとう。生活に彩りができたよ”と感謝され、少しずつ表情が明るくなっていく姿を見た時の感動は、いまでも胸に焼き付いています。この実体験があるからこそ、仕事でもこのような感動をずっと大切にしていきたいと考えています」

引用:就活ノート

⒑「10年後」のあなたのキャリアビジョンについて教えてください

将来のキャリアビションと企業とのマッチングを見るためにも質問される場合があります。自分の将来をしっかりと見据え、企業にどう貢献して行くのか。明確に答えることで志望度のアピールにつながります。

check

①仕事上の自分を答えているか
②キャリアビジョンの中で企業にどう貢献していくかを述べているか

10年後は多くの人の可能性を引き出せるようなマネージャーになりたいと思います。
人を育成するというとまず人事として働くことがイメージされてしまいますが、どのような部門にいたとしてもしっかりと同僚や後輩のポテンシャルを発揮させるマネージャーとなるのが私の理想です。

引用:賢者の就活

先輩たちの就活情報が満載。実際の就活経験談より面接の解答例を学ぶ

就活ノートホームページ

今回紹介してきた定番の質問例に対する回答は「就活ノート」より引用しています。
就活ノートは就活の先輩たちがまとめた「リアルな就活情報」を記載しています。実際に通過したESや面接の体験記など・・・。多くの就活情報を掲載しております。

自己分析のやり方から企業研究まで。実際に就活を行ってきた先輩のノウハウが詰まったツールとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です