就活で「無人島に持っていくもの」を問われたらどう答える?サバイバル経験者が答えます!

学生

就活で「無人島で1つ何かを持っていくなら、何を持っていくか」について問われた。どう答えるのが良かったのかな。

就活の面接やGD(グループディスカッション)であげられるテーマの1つに、「無人島に1つ何かを持っていくなら」という質問があります。

この質問では、特定の環境下であなたはどのような考えを持ち、行動をするのかが問われています。しかし実際に経験をしたこともないこと。何が必要かなんてイメージもつきませんよね。

今回は、実際に無人島でサバイバル経験のある私が「持っていくべきもの」の回答例から、就活でアピールにつなげる方法までをご紹介します。

太島という島。そこは男たちを1日でホームシックにする無人島だった【1日目】

9月 14, 2019

目次【本記事の内容】

就活のGDで「無人島に持っていくもの」が問われた場合

就活のGDでは「無人島に持っていくもの」をチームで考える「変わり種」のお題が出題されることがあります。無人島に行ったことがないチームメンバーで、お題について議論するため様々な意見に別れ、まとめることが難しいお題でもあります。

GDでは、リーダーシップや協調性、傾聴力などの対人能力や、知識や論理性といった個人能力を図るために行われます。

「無人島に持っていくもの」といった正解のないお題は上記を図る上でもってこい。個人をアピールしつつ、チームで意見をまとめる意識をしましょう。

今回は、解答例となる議論するポイントと流れを共有します。

無人島で何をするのか「目的」を共有しよう

GDを進める上で大切なのは、チームで「目的」を共有すること。「無人島にもっていくもの」といったお題では、目的の相違がメンバー同士の意見の食い違いを起こし、議論の妨げになります。

無人島での目的
  • 無人島で生き抜くために必要なこと
  • 無人島を脱出するために必要なこと

上記のように「無人島で生き抜くため」と「無人島を脱出するため」では、必要な議論も持ち物も変わってくるはずです。

まずはチームで目指す「目的」を共有することで議論を円滑に進めましょう。

下記では上記2つの目的を達成するために必要な議論と持ち物を考えていきましょう。

補足説明

無人島の前提条件(環境・気候など)の指定がない場合は、チームで最初に条件を決めておくと議論は進めやすくなります。

無人島で生き抜くために必要なこと

無人島で生き抜くためには、水の確保が必須です。また無人島には川がないことがほとんどなので、水溜りの水を煮沸して飲む必要があるため、火の確保も必須です。

  • 水の確保
  • 火の確保

上記2点を取り揃えるために必要なものをチームで考えていきましょう。

水・火の確保に必要物の例
  • ナイフ
  • 火起こし機
  • ライター

無人島を脱出するために必要なこと

無人島から脱出する手段は2つ。「自力で脱出するor助けを求める」です。

船を作成し脱出するか、道具を使って助けを求めるかによっても必要なものは変わります。チームメンバーで議論しながら進めていきましょう。

脱出のために必要物の例
  • ナイフ
  • ロープ
  • 発煙筒

就活の面接で「無人島に持っていくもの」を問われた場合

面接で「無人島に持っていくもの」といった質問はなぜ問われるのでしょうか。あなたのことを知る上で、絶対に必要な質問とは言い難いですよね。

上記のような質問をする面接官の意図は以下の通り。

面接官の意図
  • 学生の対応力を見るため
  • 想定外の状況をつくり「素」の学生を見るため
  • 柔軟性や対応力を見るため

仕事をする上で想定外のことは付きもの。その時々で、あなたがどのような対応をするのかを考え決断する必要があります。

では実際にどのような回答をすれば良いのでしょうか。

解答例をいくつか紹介していきます。

「無人島に持っていくもの」の回答例

学生

数日で助けがくると仮定し、飲み水を持っていきます!

学生

保存食を持っていきます。空腹を満たし生きていくためのエネルギーを確保します。

学生

狩猟に調理、火起こしと何でも利用できるナイフを持っていきます。

学生

サバイバル参考本を持っていきます。知識がなくては生き残ることも不可能なので。

Point

質問に答えることが重要です。面接官は「対応力」を見ています。難しく考えず、即答することを心がけましょう。

経験者ならこう答える「無人島に持っていくもの」の解答例

実際に無人島生活を経験した私なら何を持っていくか。

1つ解答例をご紹介します。

藤井

物ではないですが・・・。サバイバルのプロを連れていきます。仕事であれ、サバイバルであれ、チームであれば乗り越えられる壁は沢山あります。

サバイバルのプロとチームを組み、無人島での生存を目指します。

Point

チームで厳しい環境を乗り越えるといった「対応力」+「協調性」を意識した回答です!プラスαのアピールをしていきましょう

難しい質問の対策もできる!就活エージェントを活用してGDや面接の対策を

【公式サイト】https://careerticket.jp/

キャリアチケットの特徴
  • ESやGD、面接などの「受かるコツ」をマンツーマンで指導
  • 学生の利用は無料で、何度でも相談可能
  • 他のナビサイトにはない非公開求人が多数

「無人島に持っていくもの」といった難しい質問に即座に答えるためには、GDや面接に慣れておく必要があります。しかし1人で対策をしようにもやり方が分からず、結局はぶっつけで選考に望んでしまうなんてことも・・・。

そんな方におすすめなツールが「キャリアチケット」です。

キャリアチケットでは、専属の就活アドバイザーがあなたの就活をマンツーマンでサポート。就活のスタートから内定まで、徹底したサポートを受けることができます。もちろん学生の利用は無料。1人で就活をするのではなく、サポートをうまく利用しながら就活をしていきましょう!

キャリアチケット

写真
キャリアチケットは就活のプロと共にマンツーマンでES添削・面談対策ができるサービス。

人事目線のアドバイスや適正・希望に合わした企業に推薦していただける。

マンツーマンでの面談にて直接フィードバックをいただくことが可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です