OB・OG訪問で役立つツール5選。企業研究を深めて就活を有利に

学生
OB・OG訪問を簡単にするツールってあるの?

OB・OG訪問は会うまでのメール文章の作成やアポイントの調整などが面倒だったり、会いたい企業の人と会うのが困難だったり・・・。OB・OG訪問って面倒なことが多いですよね。けど現在はそんな面倒なことをしなくとも、簡単にOB・OG訪問ができるツールがあります。今回はOB・OG訪問を簡略化してくれるツールを5つ紹介いたします。

目次【本記事の内容】

OBOG訪問とは、興味のある業界や企業で働いている先輩を訪ね企業研究を行うこと

OBOG訪問とは、興味のある業界や企業で働いている先輩のもとを訪ね、業務内容や社風などを知り、企業研究を深めることです。

1dayインターンや会社説明会では、ほとんどの場合は企業の人事担当にしか会うことが出来ません。OB・OG訪問は現場の業務や会社の社風などを、人事担当とはまた違った視点より伺うことが出来ます。

OB・OG訪問を有効に活用し、就活を有利に進めていきましょう。

OBOG訪問のメリット(引用:2019年卒 マイナビ学生就職モニター調査)

OB・OG訪問で役立つツール5選。特徴を合わせて紹介

では実際にOB・OG訪問で役立つツールのご紹介です。OB・OG訪問を簡略化してくれるツール。もう面倒なメール文章の作成や電話でのアポイントを取る必要はありません。OB・OG訪問のツールを使いこなし、企業研究を有利に進めていきましょう。

今回紹介するツールは以下の通り。

OB・OG訪問ツール
  1. Matcher
  2. HELLO, VISITS
  3. ビズリーチ ・キャンパス
  4. yenta
  5. ニクリーチ

順番にツールの特徴を詳しく紹介していきます。

OB・OG訪問ツール①Matcher

マッチャーホームページ
おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://matcher.jp/

特徴
  • 所属大学に関係なく会いたいOBOGに会いに行ける
  • 内定者も会うことができる
  • 登録しているOBOGは比較的人材系やベンチャー企業の方が多い傾向あり
  • 学生は気になったプランや会いたいOBOGがいればワンクリックでマッチングの申請を送ることが可能
  • 承認後はチャット形式で返信がしやすい
私個人としては一番おすすめのツールです。

なんといっても「手軽にOBOG訪問を行うことが出来る」ことを徹底されており始めてOBOG訪問を行う人にとっても使いやすいツールです。

ボタン一つで「会いたい!」と申請を送り承諾が来たらマッチング成功。後は日時を合して訪問するだけです。OBOGの方々は企業から指示を受けて登録している訳ではないので、純粋に「学生の話を聞きたい!」という方が多いです。

選考にかかわることもないので純粋に聞きたいことや悩みを相談してみましょう。

OB・OG訪問ツール②HELLO, VISITS

HELLO, VISITSホームページおすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://vis-its.com/

特徴
  • 登録しているOBOGは企業公認のエース社員
  • 企業の看板的社員を登録しているため安心して会うことができる
  • 比較的大企業のOBOGが多い
  • 他のツールよりプロフィールが充実している(人柄が分かりやすい)
  • OBOGからアプローチが来る場合も
登録している社員の方々は、所属する企業から公認を受けて登録しています。そのため登録している社員は全員、企業の看板を背負うエース級の社員。「見られている」ことを意識しOB・OG訪問を行うことをお勧めします。企業の下調べ、質問の準備をしっかりと行ってからOB・OG訪問に臨みましょう。

OB・OG訪問ツール③ビズリーチ ・キャンパス

ビズリーチ・キャンパスホームページ
おすすめ度:★★★★・

【公式サイト】https://br-campus.jp/

特徴
  • 同大学のOBOGと会える
  • おすすめのOBOGを紹介してくれる機能
  • 登録者限定のOBOGとの交流会やイベントに参加できる
ビズリーチ・キャンパスは同大学のOB・OGに限定して会うことのできるツールです。同大学という共通の話題が最初からあるため、非常にフランクに話をすることが出来ます。しかし現在は主に関東圏の大学しか使えないという欠点があります。随時、使用できる大学も拡大を予定しています。またビズリーチ・キャンパスの強みは、イベントの豊富さ。登録者に限定した選考の免除もあります。

OB・OG訪問ツール④yenta

yentaホームページ
おすすめ度:★★★★・

【公式サイト】https://yenta.talentbase.io/yenta/

特徴
  • AIによるマッチング
  • ビジネスマッチングのためのツール
  • 起業家や経営者、投資家と出会える可能性がある
  • マッチングが成立するとメッセージでやりとりが可能に
  • 使用できるのは関東圏のみ
ビジネスマッチングに特化したツールです。AIによるマッチングで「興味あり」「興味なし」でスワイプし振り分けあとは結果を待つのみです。学生の利用より社会人の利用が多いため人脈の幅を広げるためにも利用することをおすすめします。起業家や個人事業主といった、就活では出会うことのできない人とも会うことができるツールです。

OB・OG訪問ツール⑤LinkedIn

おすすめ度:★★★★・

【公式サイト】https://jp.linkedin.com/

特徴
  • 外資系企業の社員と会える
  • LinkedInにしか掲載のない企業もあり

LinkedInはビジネスに特化した世界最大のSNSです。日本のユーザーは200万人ほど。そのほとんどが外資系企業に務める人々です。就活生でも使用することは可能です。海外で働きたい、グローバルに活躍したいと考えている人はぜひ登録しておいて損はないでしょう。

OB・OG訪問はツール使って簡単に。企業研究を深め内定獲得を目指そう!

OB・OG訪問はツールを活用することで簡単に効率よく行うことができます。それぞれのツールには、特徴があるため自分の目的にあったものを使用するようにしましょう。

OB・OG訪問は企業研究を深める手段として最適です。ぜひ活用し、内定を勝ち取りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です