志望動機の書き方・まとめ方!評価される志望動機とは⁉︎

学生
志望動機ってどうやって書くの?

今回は志望動機の書き方とポイントについて解説します。

本記事で得られること
  • 志望動機の書き方
  • 志望動機で面接官が見ているポイント

目次【本記事の内容】

志望動機の重要性とポイント

志望動機は企業の選考において、重要視されている場合が多くあります。それは採用する側が
「なぜ当社に入社したいのか」、「なぜその仕事をやってみたいのか」
という回答を知るためです。

人事担当者からすると、志望動機がはっきりしている人ほど志望度が高く見え、目的意識を感じることができます。

人事担当者がどんなことをみているのかについては「【人事の目線】面接で人事の人って何を見ているの!?ポイントを解説」をご覧ください。

志望動機を書くためには下記図の通り、自己PRの作成や企業研究がしっかりと行なっておく必要があります。

自己PRの書き方については

自己PRの書き方フレームワーク【受かる自己PR文作れます!】

企業研究に関しては

企業研究のやり方とは!?トヨタ自動車の企業研究付き

を合わせてお読みください。

自己分析について

自己分析のやり方!具体例とやり方を徹底解説

6月 17, 2019

では志望動機についてより詳しくみていきましょう。

志望動機からみられているポイントは7つ

志望動機でみられているポイントは主に7つ。志望動機では7つ全部書かなくてはならないわけではなく、自分のアピールしやすいものを2つ、3つ盛り込むようにしましょう。

Point
  1. きっかけ → 当社に興味を持ったきっかけ
  2. 魅力   → 当社の何に魅力を感じているのか
  3. 他社関係 → なぜ(他社ではなく)当社なのか
  4. 熱意   → 当社をどれくらいの熱意で志望しているのか
  5. 志望業務 → 当社でどんな仕事をしたいのか
  6. 適応力  → 当社の仕事内容・職場環境に適応できるか
  7. 能力・資質→ 当社で活躍できる能力・資質がある人材か

評価の高い志望動機とは

志望動機において重要視されるのは、3.他社関係、4.熱意、5.志望業務です。一般的にこれらが明確だと、評価は非常に高くなります。

あなたがもし採用する側の人だったらどんな人を採用したいですか。やはり企業のことを思い、必死に働いてくれる人、働く姿がイメージできる人を採用しますよね。
志望動機では面接担当者の「なぜ」に答えるイメージをしましょう。



志望動機の書き方

では実際に志望動機を書いていくにあたって大切な点をおさえておきましょう。
そしてフレームワークを用いて「受かる」志望動機を作成しましょう。

志望動機の7つのアピールパターン

志望動機で自分をアピールする方法は7つ。自分の得意なパターンを考え大まかにどんな志望動機にまとめるのか考えておきましょう。

7つのアピールパターン
  1. やりたい仕事をアピール
  2. 自己PRでアピール
  3. 過去の経験でアピール
  4. 志でアピール
  5. 専門知識・専門能力でアピール
  6. インターンシップの参加経験でアピール
  7. 資格をアピール

やりたい仕事をアピール

その企業における「やりたい仕事」をアピールする方法です。なぜその仕事をしたいのか、どんな自分の強みが活かせるのかを合わせて説明すると強いアピールとなります。

自己PRでアピール

仕事で活躍できる「能力・資質」をアピールする方法。「やりたい仕事」と合わせてアピールすることで面接担当者にも働くイメージをしてもらいやすくなります。

過去の経験でアピール

なぜ当社を希望するようになったのか。いわゆる「きっかけ」をアピールする手法です。どんな思いがあるのか明確に表現しましょう。

志でアピール

自身の将来やり遂げたいことや、仕事を通してやり遂げたい目標をアピールすることで、「熱意」を伝える方法です。自分の「軸」を明確にすることで熱意が伝わり共に働くイメージを持ってもらいましょう。なぜ当社でそれを成し遂げたいのかを含めると印象UPにつながります。

専門知識・専門能力でアピール

その企業で活躍できる「能力・資質」をアピールする方法。その企業で「やりたい仕事」についても言及することによって、即戦力になることをアピールしましょう。

インターンシップの参加経験でアピール

インターンシップでの印象や感じたことをまとめ、企業に対する「熱意」を伝える方法です。どんな点に惹かれたのか「きっかけ」や「やりたい仕事」と組み合わせてアピールすることによって強い志望動機となります。

資格をアピール

専門知識・取得資格で即戦力になることをアピールする方法です。取得資格が仕事に直結するほど強いアピールとなります。

志望動機を書く際のポイントとフレームワーク

志望動機を書く際は、上記のパターンより自分をアピールしやすいものを選びましょう。あとは志望動機のフレームワークにあてはめながら文章を整えていくのみで完成します。

志望動機の書き方のフレームワークについては「【就活生必見】エントリーシートの書き方!読まれるエントリーシートとは」にてまとめているので参考にしてください。

始めは箇条書きでいいので書きたい内容を書いていきましょう。その後文章化していくと良いでしょう。

志望動機の例文は就活ノートで企業ごとの通過エントリーシートの掲載されています。受ける企業ではどんな志望動機が好まれ通過しているのか確認しましょう。

まとめ

今回は志望動機でみられている点やの書き方のポイントをまとめました。志望動機は自己分析や企業研究を行うことで始めて書くことができます。

自己分析や企業研究は1人で行うと時間がかかり効率が悪くなります。少しでもわからなくなった、どうすればいいかわからないとなった場合は、就活のプロに相談するなど効率よく就活を進めていきましょう。

面接官に響く志望動機を作成し内定を勝ち取りましょう。

キャリアチケット

写真
キャリアチケットは就活のプロと共にマンツーマンでES添削・面談対策ができるサービス。

人事目線のアドバイスや適正・希望に合わした企業に推薦していただける。

マンツーマンでの面談にて直接フィードバックをいただくことが可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です