就活でやりたいことがない、わからないあなたへ

やりたいことがわからない

就活において

「やりたいことがわからない」

と言った悩み。

多くの学生がこの悩みを持った経験があるのではないでしょうか?

私自身も悩みました。

今回は就活において「やりたいことの見つけ方」についてご紹介します。


目次

  1. なぜ「やりたいことがわからない」のか
  2. やりたいことを見つけるには
  3. 「給料」と「やりがい」どっちを取るか
  4. 最後に

なぜ「やりたいことがわからない」のか

悩む学生

なぜ就活生は「やりたいことがわからない」のか?

答えは簡単で「選択肢」が多いから。

大学までは「大学に進む」という選択肢のもと

「大学を選ぶ」という選択をします。

就活は違います。

無数にある選択肢から自分の進む道を決める必要があります。

日本に企業数はいくつあるか?

日本には約100万社の企業があると言われています。

リクナビやマイナビでも2万〜3万の登録数です。

その中から1社を選ばなくてはならないのです。

他にも企業に就職するだけでなく起業やフリーランスといった働き方もある中、やりたいことが分からなくなる時期があって当たり前です。

【WORK BLOG】ブログはじめます

6月 1, 2019

私も自分の将来や性格を見直し当初考えていた進路とは全く違う道に進むことを決断しました。

自分の将来について考えなおしたい方は下記記事を参考にしてください。

自己分析について

自己分析のやり方!具体例とやり方を徹底解説

6月 17, 2019

「やりたいことがわからない」=「悩む」といったことはいいことです。

この機会に自分自身をしっかりと見つめなおし将来についてじっくり考えていきましょう。

やりたいことを見つけるには

アドバイス

では「やりたいこと」を見つけるためには何をすればいいか。

こちらも答えは簡単。

「人と会う」ことです。

「やりたいこと」ベースで就活を始めてしまうと高い確率で

「本当に自分はこの仕事をやりたいのか」

といった悩みにぶつかります。

それもそのはず。

やったことのない仕事を

自分が本当にやりたい仕事なのか」

と考えても答えは出ません。

まずは自分の

「将来こんな人になりたい」

と思えるような人を見つけましょう。

OB・OG訪問で役立つツール5選。企業研究を深めて就活を有利に

6月 22, 2019

確実に「なりたい人物」を見つけていく方が

就活においてやりたいことを見つける近道です。

多く人(社会人)と会ってみましょう。

「給料」と「やりがい」どっちを取るか

裏か表か

内定先がいくつか決まって最終1社を選ぶ際、

「給料」と「やりがい」どっちをとるか

といった悩みを多く聞きます。

この悩みどこかで聞いたフレーズに似ています。

毎月50万円もらって毎日生き甲斐のない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか。

よく似た考えです。

なぜ片方のみしか得ようとしなのか。

結論、両方とりに行きましょう

「そんなことは無理」という方は、

「A社に入れば給料はいいが、やりがいはなさそう」

「B社に入ればやりがいはありそうだが、給料は少ない」

このような考えがあるように感じます。

どちらの考えも「企業が自分に与えてくれること」を基準に考えてしまっているように感じます。

「企業のために自分がいるのではなく、自分のために企業がある」

といった考えの方がいいと思います。

企業で「やりたいこと」に挑戦しつつ自分の「価値」を上げていく。

その「価値」を活かし社内だけでなく「社外」でも稼げるスキルを身に着ける。

このように考えれば「給料」も「やりがい」もとりに行けそうに感じませんか?

どちらかをあきらめるのではなく、まずは両方をとりにいける「手段」を考えましょう。

最後に

最近よく相談に乗る内容について個人の考えを書かせていただきました。

私がブログを書く理由もこの自分の「価値」を「収益」に変えることの「手段」の1つとして行っています。

何かをあきらめるのではなく、まずはできるようになるための手段を考えましょう。

今回はだいぶ自分にも言い聞かせるために書きました。

キャリアチケット

写真
キャリアチケットは就活のプロと共にマンツーマンでES添削・面談対策ができるサービス。

人事目線のアドバイスや適正・希望に合わした企業に推薦していただける。

マンツーマンでの面談にて直接フィードバックをいただくことが可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です